野菜の保存方法 常温、冷蔵庫、冷凍保存

簡単な野菜の保存方法

特に一人暮らしの方や少人数の家庭では、せっかく購入した野菜を使い切れず、 腐らせてしますことがあるかと思います。 そこで野菜の保存方法を調査し、簡単に実施できるように簡単にまとめてみました。

常温だけでなく、ちょっとしたコツや冷蔵庫や冷凍での保存方法なども書いています。 短時間で読みきれるように書きましたので、ぜひ、ご活用ください。

冷蔵庫で気楽に保存

どの家庭でも活躍している冷蔵庫は、手軽に野菜を保存できる便利な家電です。 新聞紙やラップ、ビニール袋を利用することで、 鮮度を保ちながら保存することができるようになります。

一人暮らしだと小さな1ドアの冷蔵庫を利用している人もいると思いますが、 料理が好きな人は思い切って2ドアの中型冷蔵庫の導入を検討してみましょう。 格段に収納率が上がりますのでお勧めです。

冷蔵庫は便利な保存場所

冷凍保存で長期保存と栄養アップ?

カットした野菜や茹でた野菜は、冷凍保存で比較的長く保存できるようになるので、 積極的に利用したい保存方法です。 冷蔵庫は常に電源が入っているので、コストも最小限に抑えられるのも利点であります。

さらに、冷凍することで栄養がアップする野菜もあるようです。 一般的に新鮮な方が栄養があるイメージが強いですが、これは嬉しいニュースです。 しかし、食べきれないほど冷凍するのは無駄になるので気をつけたいところです。

収納ケースでおしゃれに保存

常温で保存できる野菜の場合、収納に工夫をすることでオシャレに保存できるようになります。 オシャレに収納できれば、保存の手間も楽しくなりますし、 料理も楽しくなります。新聞紙に包んで床に置くよりも断然見栄えが良くなります。

重ねることができるプラスティック製のバスケットや、 キッチン用の木製のラック、ワゴンなどを利用すると、 狭いキッチンでも収納場所の確保に役立ちます。

100円ショップなどに売られているカゴやバスケットも工夫次第で収納に生かせますし、 コストを掛けることなく、 手作り感のあるおしゃれなキッチンのコーディネートも楽しむことができるようになります。 自作のストッカーも面白そうですね。

かごに入った野菜

一人暮らしは野菜を残しやすい

一人暮らしだと一人分の食事を作ることになるので、 野菜を使いきれずに残してしまうことが多くなってしまいます。

そのために保存の仕方を覚えておくと捨てなくてはならない事態を減らすことができますが、 その前段階として、使いきれる量の食事を買うようにすることが大事になってきます。 そのための施策として、一週間分の献立を決めたりすることで、 必要な食材の量がわかり無駄を省くことができるようになります。

50音別保存方法(常温、冷蔵庫、冷凍庫など)

あ行

アスパラガス   いちご
えのきたけ

か行

かぶ   かぼちゃ
カリフラワー   キャベツ
きゅうり   ごぼう
小松菜

さ行

さつまいも   さといも
さやいんげん   さやえんどう
しいたけ   しそ
しめじ   じゃがいも
春菊   しょうが
すいか   せり
セロリ

た行

大根   たけのこ
たまねぎ   とうもろこし
トマト

な行

なす   にら
にんじん   にんにく
ねぎ

は行

白菜   パセリ
ピーマン   ブロッコリー
ほうれん草

ま行

まいたけ   三つ葉
みょうが   メロン

や行

やまいも

ら行

らっきょう   レタス
れんこん

バケツに入った綺麗な野菜

サイトについて